クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなどライフスタイル雑誌を創刊。

カテゴリ:フード&ドリンク 

人工栽培成功の幻のキノコを入手

・キヌガサタケという珍しいキノコがやっと発売されたので早速手に入れました。キノコ人気は国によって違い、日本では松茸、西洋ではアミガサタケ、中国ではキヌガサタケが珍重されるといいます。

 

・マントのように広げた姿から、あるいはあの楊貴妃が好んだせいかわかりませんが、キノコの女王といわれるそうです。

・竹林に生えるといいますが、見たことはありません。準絶滅危惧種というこの珍しいキノコ、養殖に成功というニュースが何年か前にあったのですが、やっと販売にこぎついたようです。

 

・このキノコ、食べたことがあります。中国・大連に本店がある、キノコ料理専門店「何鮮菇(ホーシェング)」が2019年に東京・上野にオープンし、物好きな知り合いが仲間を募り予約して食べに行きました(コロナ騒動の前です)。

・さすが専門店だけあって種類も豊富で、味もなかなかでした(28種のキノコを煮込んだスープが自慢)。あの虫にキノコが取り憑いた、不老不死で有名な冬虫夏草(白土三平さんの漫画で知りました)もメニューにあります。いわゆる薬膳料理です。

http://food-life.co.jp

 

・養殖に成功したのはハルカインターナショナル岐阜本部農場。商品名は岐阜産有機JAS 乾燥キヌガサタケ。2本入りが1728円。アミガサの頭に付いているグレバという、虫を寄せ付ける悪臭を放つ粘塊を取り除いてあります。いわゆる漢方食材で、免疫力アップ、抗がん、肥満予防、血圧抑制などなど、成人病予防の効能あり。

・独特の香りがありますが、味はほぼ無くシャキシャキした舌触りが独特です。ネットで高額販売されているものは中国産で、ちょっと不安ですが、これは国産有機栽培で安心です。

https://kinoko-time.jp/?pid=152526163

次号5月28日金曜日

Category

Edit

エディター

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなどライフスタイル雑誌を創刊。

ページtopへ